LOVEを鳴らすBELL ラベル-lovell- 自転車用本格パーツから自転車モチーフの雑貨まで

BLOG

2017.04.04商品紹介nono

春の交通安全運動を前に、安全グッズをご紹介-コンパクトフラッシュライト–

横からも認知してもらいやすい、サイド漏光式。

間もなく、春の交通安全運動ということで、安全グッズをご紹介したいと思います。自転車の前照灯と言うと、進行方向の路面を照らすモノですが、これだけで捉え、「自分は見えているから大丈夫」と点灯せずに走られてしまう方がいらっしゃる様ですが、自転車にとって、路面を照らす事と同等、あるいはそれ以上に大切なことは、「他車(者)に、自車の存在を認知してもらう」という役割があります。自分が見えているように、他車(者)も同じように見えているとは限りません。
私自身の経験談で言うと、若い頃裸眼視力が良く、メガネを必要としていなかった頃は、日中と夜間とでの見え方の差を感じず、それこそ自転車で走るような場合、前照灯は意味がないと思っていました。しかし、近視になりメガネが必要になってからは、日中と比べ夜間は見えづらいと感じるようになり、無灯火の自転車が怖い存在となりました。私自身は車の運転が大好きなので、夜間運転用に、度数を上げたメガネを用意していますが、全てのドライバーがそうとは限りません。
夜間、ひやりとした経験をし、「どこ見てるんだ!!」なんて思った方もいらっしゃるかもしれませんが、相手は「見ていなかった」のではなく、「見えていなかった」のかもしれません。そういった事を少しでも減らすために、前照灯は必ず点灯して走りましょう。そして、更に念を押して他車(者)へ自車の存在をアピールする場合、このコンパクトフラッシュライトは非常に有用です!中年以上のメガネドライバーの方には大きく頷いてもらえるかと思いますが、フラッシュライトの有無で自転車の存在の認識度は非常に大きく変わります。夕暮れ時、夜間に自転車に乗られる方には是非ご検討いただきたい商品です。
そして最後にフラッシュライトを付けていただく方にお願い。白色LEDは非常に明るく鋭い光であるため、非常に目立つので安全のために有用ですが、相手を眩惑しないよう、光軸をやや下向きに取り付けていただくようお願い致します。

紹介した製品はこちら

BtnNav